機器について

機器の操作指導を希望する場合には、「アポイント」が必須です。
アポイントの取り方は以下を参照して下さい。
 ▶  “機器操作指導に関する注意事項”



◎ 利用料金について
・施設では一部の分析機器の利用に対して 利用料金 を設定しています。
・利用料金は年度末に集計後、研究代表者に請求します。

◎ 機器に利用に関して  2016年4月 改定
・微生物培養室(402号室)の機器は実験室の利用申請がない場合、使用できません。
 *微生物培養室は占有利用。

◎ 機器アカウント及び予約システムアカウントについて
・パソコンの付属した分析機器の利用には機器アカウントの申請が必要です。
 (機器アカウントは研究室単位となります)
・また一部の分析機器は予約システムアカウントを取得し、予約システム に登録してから利用する必要があります。
 (予約システムアカウントは個人単位となります)
・対象機器は「機器の利用方法について」をご参照下さい。
・申請書は右のメニュー「書式ダウンロード」から取得できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> 

*