ルミノイメージアナライザー LAS 1000

 
 
 

高感度・高精細に画像を取り込む、130万画素冷却CCDカメラ

【仕様】
機種 :LAS 1000
メーカー :GE Healthcare
画素数 :130万画素
冷却温度 :-30℃
露出モード :通常モード、逐一モード、連続モード(選択)  *連続1時間まで露出可能
対応試薬:
 [化学発光法] CDP-Star,ECL™,CSPD
 [酵素増幅蛍光法] AttoPhos™
 [蛍光法] EtBr,SYBR Green,SYBR GreenⅡ,SYPRO Orange,FITC
付属ソフトウェア :Multi Gauge v2.2、Colony v1.1、L Process v2.2

【設置場所】
試料分析室(3階 307号室

【概要】
・1台で化学発光法を中心に、蛍光法、酵素増幅蛍光法に対応
・高精細130万画素1インチCCDカメラを電子冷却方式により-30℃まで冷却し、暗電流を1画素1秒当り0.01電子以下に抑えることで長時間露出が可能

【機器利用料金対象】
・1回 300円

【機器アカウント対象】
・本機の利用には機器アカウントが必要です(各研究室1つ、研究代表者が申請)。機器アカウント発行については管理室までお問い合わせ下さい。

【予約システム対象】
・本機の利用には予約システムへの登録が必要です(利用者個々が申請)。予約システムのアカウント発行については管理室までお問い合わせ下さい。

【利用例】
・EtBr、SYBR Green等によるゲル中のDNA/RNAのポストライン、SYPRO Orangeによるタンパク質のポストステイン、AttoPhosTMを用いたサザン/ウェスタンブロッティング後のアルカリ性フォスフォターゼによるケミローレッセンス法などの検出

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> 

*