機器貸出サービス

【機器貸出サービスについて】
 
機器稼働率を上げるため、2019年度から機器貸出サービスを開始します。
 
 
貸出は以下のルールに則って行います。

  • 機器貸出の申請は予算管理を行う研究代表者(教員等)のみ可能です。
  • 継続して使用する場合でも、申請書は半期毎に提出する必要があります。
  • 万一、機器及び付属品が紛失・破損・故障した場合は、研究代表者が責任をもって、現状復帰してから返却して頂きます。但し、特別な事由(製造中止等)がある場合は、施設で対応を検討します。
  • 機器の使用は学内のみ許可します。
  • 設置の代行、機器のインストラクションは行いません。

 
貸出に関して料金は発生しません。

  • 但し、施設から返却の要請があった場合には、速やかに返却して頂きます。
  • 施設内の使用を優先するため、利用者の要望があった際は、期間途中でも返却となります。同様に、施設内での利用がある機器については貸出をお断りさせて頂くことがあります。

 
 
– 機器貸出の手順 –

「機器貸出申請書」を各自一通提出して下さい。

  1. 予約システム上で現在の “貸出状況” を確認します。
     予約システム > 13 機器貸出
    *申請に基づき施設のほうで入力しますので、利用者の入力は不要です。
  2. 左のメニューにある “機器貸出申請書” を印刷し、押印して施設に提出します。
  3. 貸出時に備品を確認し、 “備品チェックリスト” に問題ない旨を記入します。
  4. 申請書を確認後、施設から控えを送付しますので、貸出期間を確認し、終了日を厳守して返却して下さい。
  5. 返却時に “備品チェックリスト” を提出し、問題がなければ終了となります。

 
 
機器貸出サービスの対象機器は以下の通りです。

機器名・概要 外観
ルミノイメージアナライザー LAS 1000

高感度・高精細に画像を取り込む
130万画素冷却CCDカメラ
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
遺伝子導入装置 T820M

トランスフェクション、エレクトロポレーション
(絶縁破壊)、細胞融合を利用した遺伝子導入装置
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
自動セルカウンター Countess II FL

約10秒で正確な細胞計数が可能
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
UVクロスリンカー FS-1500

ナイロンまたはニトロセルロースメンブレンにDNA/RNAを共有結合により架橋
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
2連式ジャイアンツスラブゲル電気泳動装置 NA-1115B

2次元電気泳動のスポット展開に使用可能
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
ウォーターバスインキュベータ Personal-11

THEMO MINDERを併用することで
広範囲の温度調整が可能な振とう恒温槽
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
振とう培養用非接触濁度計 ODBox-A

三角フラスコで振とうしながら非接触でOD測定が可能
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]

 
標準ガスアナライザー AGA-2008

標準ガスを使用して、CO2/O2センサーを2点校正可能
 
 
機器についての詳細は以下のページをご覧下さい。
[ LINK ]