Category: 画像解析装置

技術講習会(2nd 画像解析 セミナー / 3rd 相談会 & 展示会)

◎ 2nd Leica社 ImageJ(画像処理ソフトウェア)に関するセミナーの開催についてお知らせします。 日時:2017年9月26日(火) 12:50~14:20、15:00〜16:30 12時50分からの回については、定員に達しましたので、申込を締め切ります。 以降の申込は15時00分からの回になります。 場所:遺伝子実験施設 セミナー室(1F) 担当:Leica株式会社 鶴巻 宣秀 演題:ImageJ 活用術 - 本当に知りたかった画像解析 –   概要 ImageJはオープンソースでパブリックドメインの画像処理ソフトウェアです。科学研究における画像解析に広く利用され、生物学ではデファクト・スタンダードの解析ツールとなっています。  引用: ImageJ – Wikipedia ・インストールしたけど使い方が分からない。 ・細胞カウントして欲しいと頼まれたが、やり方が分からない。 ・蛍光強度ってどうやって比較するの? 解析に必要な画像の取得方法から解析手順、解析事例まで、動画で解りやすく説明します。 内容 ・免疫染色の解析 ・蛍光輝度解析と面積解析 ・細胞分離 申し込み ★ このセミナーは申し込みが必須です。当日参加は不可となります。 申し込みは申込フォームから行います。  ▶ ”セミナー申込”   – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – [Continue]

技術講習会(イメージアナライザー)

下記の要領で発光イメージアナライザーと蛍光イメージアナライザーの技術講習会を行います。ご参加ください。 演題 発光イメージアナライザーと蛍光イメージアナライザーの紹介 日時 平成20年12月18日(木) 15:00〜17:50 場所 遺伝子実験施設 1F セミナー室 講師 和仁原様(富士フィルム) 内容 15:00-15:30  ルミノ・イメージアナライザーLAS-4000EPUVminiおよび         フルオロ・イメージアナライザーFLA-7000のご紹介 15:40-16:40  LAS-4000EPUVminiのデモンストレーション 16:50-17:50  FLA70000のデモンストレーション ご自分のサンプルで試してみたい方は利用できますが、あらかじめサンプルの種類をお知らせください。 LAS-4000EPUVminiについてはしばらく機器分析室(4F)に設置します。 問い合わせ 大進 鳩野 

ルミノイメージアナライザー(LAS-1000)修理完了

 施設4階の機器分析室(406号室)に設置しておりますルミノイメージアナライザー(LAS-1000)が故障のため使用禁止にしておりましたが、本日(8日)修理が完了しました。  なお、本機の設定温度を今回より-25℃に変更しました。そのため今までのFileが使用できなくなりDark Frame SubtractionにおいてExpose Nowを選択しなければならなくなりました(時間が倍かかります)。 その代わり今まで使用できなかったIncrementとPrecisionが使用可能となりました。またFlat Frame CorrectionにおいてFlourescence(蛍光)の読取も可能となっております。 使用方法等不明な点がありましたら管理室までお尋ねください。

ルミノイメージアナライザー(LAS-1000)使用停止

修理完了しました。 施設4階の機器分析室(406)に設置しておりますフジフィルム ルミノイメージアナライザー(LAS-1000)が故障のため、使用できません。 火曜には復旧を予定しておりますので、利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますがご了承ください。 本日(10月30日)の復旧を目指しておりましたが、復旧の目処がまだたっておりません。 復旧次第改めて連絡いたしますので、利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、もう暫くお待ちくださるようお願いいたします。